★☆木は抗菌作用あり★☆


木のきれはしを放置しておくと、
**木材腐朽菌**という菌に侵されてもろくなっていきます。
しかし、ヒバや桧は抗菌作用を含んでいる為、腐りにくく、
家を建てるときの土台や柱などに使われています。

ヒバから取り出した精油は、カビや黄色ブドウ球菌
(人の皮膚表面、毛孔に存在していて毒性が高い)、
大腸菌(人や動物の腸の内部に生息している細菌)
などの病原菌に対して強い抗菌作用があります。

抗生物質を使っても抑えることができない、
**MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌。
健康な人の鼻腔、咽頭、皮膚などから検出される)**
に対しても抗菌作用があります。
それに、みなさんもよくご存知の、
病原性大腸菌O−157に対しても抗菌作用があるのです。

桧やヒバ、笹の葉っぱには、抗菌物質が含まれています。
これらは、魚介類などの生ものの下に敷かれ、カビを防いだり、
新鮮さを保つために使用されます。

普段生活している中で、木にはこんなにも抗菌作用があるのです。





copyright.株式会社ヤマキチ木材 All rights reserved