木の知識A     〜木の原料〜

木の原料はどこで作る??

人間などは食べ物を原料として体を作っています
では樹木は何を原料にして体(木材)を作っていると思いますか?
答えは炭素(C)です

ではその炭素(C)をどこで作っているのでしょうか?
樹木も人間と同じように養分と水を根から取り入れ
それを原料にして作っていると思われがちです。
しかしそれは全くの間違いなのです。

根から水分と一緒に吸収される養分は窒素やリン、
カリウムなどの無機物に対して
木材の主要成分は炭素(C)を含んだセルロース、
ヘミセルロース、リグニンなどの有機化合物です                
根から吸収する無機物と水をどう組み合わせても
炭素を含んだ有機化合物にはなりません

そこで思い出されるのが動物にはない植物の作用、光合成です。
光合成は空気中の二酸化炭素を取り入れて酸素を放出します。
<二酸化炭素CO2を取り込む→酸素を放出O2 →体内に残るのは炭素C>
これは植物の葉緑素が光のエネルギーを使って
水と空気中のCO2からブドウ糖をを合成する作用です。
樹木はこの光合成によって作り出された糖を体全体に行き渡らせ
それを原料にして細胞壁を作っています。

つまり樹木は光合成によって自分の体の材料を自分で作っているのです
これが有機物を消費するだけの動物と植物の大きな違いです

 

copyright.株式会社ヤマキチ木材 All rights reserved