木の知識@      〜木の反り〜

生の木が乾燥すると反ると言われますが写真の上下どちら側に反ると思いますか?   

木の反り               
…正解は上(木表側)に凹に反ります

これは木に詳しい方には良く知られていますが
木の詳しい方でもなぜそうなるのかを
理解している人は少ないのではないでしょうか?

○木表側の水分が多いため
○辺材が心材よりやわらかいため
○木表側が重いから
と思っている方もいるかと思いますがこれは間違いなのです
なぜ間違いなのか1つずつ説明していきましょう。

もし「木表の水分が多い」が事実であれば
1日乾燥して含水率が均一になった材はもはや反りません。
しかし実際は更に乾燥してもそりが生じてしまいます

もし「辺材が心材より軟らかいから反る」が事実であれば
辺材、心材だけの板は反らないはずですが
いずれも同じように反ってしまいます。

また「木表側が重いから」とは限りません。


正解は「木材の接線方向は放射方向(半径方向)のおよそ2倍収縮するから」なのです
板目の板であればどこから木取りしてきても木表側が必ず収縮率が高くなり
上に凹の反りが生じることになるのです

      反り1        反り2            反り3  

*樹種によって値は異なりますが
  いずれの材も接線方向の収縮率がより大きな値を示します


 

copyright.株式会社ヤマキチ木材 All rights reserved